Project SOLA

誰も理解できない道を進め。未来が君を信じてくれる。

世界はトライ&エラーでできている #projectsola

      2017/04/11

最近、うまくいく方法を探すよりも、うまくいかない方法を如何に避けるか?……という方向へ意識が変わってきた。

それによって、結果的にうまくいく方法が残る、という感じだ。



世界を更新する新陳代謝

というのも、社会が成長している時には、その伸び代に合わせて乗っかればいいが、衰退している時には、新しい伸び代を探す必要がある。そしてそれを見つけるためには一旦世界をカオス状態=対称性がある状態にして、そこから対称性を崩して新たな宇宙を生まなければならないからだ。

そのために必要なのが新陳代謝であり、様々な代謝の中で最適な分子の組み合わせを試しながら、最終的にその時代に合った一番最適な遺伝子が生き残っていくことになる。

子猫が母乳から免疫を獲得するように、双葉が発芽した場所の環境を探るように、生まれたての小さい頃は、その環境に合わせて進化するためにも、探り探り光の射す方を探す必要があるのである。

世界が成長螺旋を描く意味

これまで、世界は螺旋を描きながら成長していくという説を展開したが、つまり世界の成長螺旋とは、試行錯誤の過程であり、またはトライ&エラーであり、そしてPDCAのことなのだ。

同じような場所を行ったり来たり、堂々巡りのように繰り返しながら少しずつ進んでいく。そんな中で、ある時ふと見つけた次の世界への入り口に勇気を持って飛び込むと、新しい世界が開けるのである。

そこまでには、膨大な数の試行錯誤、新陳代謝、ビルド&スクラップを繰り返してテストしていく必要がある。これこそがベンチャーが心するべきスピードの重要性なのだろう。

ブラックホールの向こう側

話は少し変わり、宇宙の話になる。

これまでブラックホールというのは、得体の知れない次元へ吸い込まれていくような負の感覚を持っていたが、実はブラックホールこそが次の次元への相転移の入り口であり、本当は、ブラックホールから残された側の方がこれまでの重力に囚われているだけなのかも知れない……。

……確かに。

先の見えない暗い未来に飛び込めるのは、膨大なトライ&エラーを繰り返した、次の世界を信じるイノベーターだけなのだから。

 - 世界の真理, 予測 , , , ,