Project SOLA

誰も理解できない道を進め。未来が君を信じてくれる。

ソーシャルの壁 #projectsola

      2017/04/11

先日、某サブカル系イベントに参加させて頂くことがあった。そこではバラエティに富んだ様々な方が参加されており、クリスマスということでプレゼント交換企画もあった。

そこで俺が持って行ったのは、当然ながら、知人から買った『魚沼産コシヒカリ2kg』と『野菜セット』だった。




農作物に価値はない

それなりに重い荷物を持って行って苦労したので、僅かながら期待はしていたのだが、実際にプレゼント交換になった時、俺のプレゼントが当たった人へ「それだけは当たりたくなかったわ〜」という声が掛けられているのが聞こえ、(やっぱりそうなのか……)と落胆してしまった。

誤解のないように言えば、会自体は非常に楽しかったし面白い人もたくさん居て満足だったのだが、せめて俺がいない所で言ってくれ……とは思いつつも、改めて農作物の価値の無さを実感させられた出来事だった。

業界関係者や生産者たちの中の話ばかりを聞いていると、やれ『農業は大事だ』『食べ物は人間には欠かせない重要なものです!』という話はよく聞くのだが、おそらく全く農業と無関係の業界と関わっている農家の中では日本で3本の指に入ると思っている俺からすると、『農作物ほど価値の無い商品はない』のである。

上記の言葉を話した人に対しても、別に責めるつもりもないし、実家がコメ農家なのかどうかは分からないが、無理もないことだと思う。ほとんどの責任は、『農家を余らせ、農作物を余らせてきた政策を作り、施行してきた人々にある』と思っているので、そういう人たちはホントこういう業界に無関係な人たちの声を聞いて、「無理やり国産のコメを食べさせよう!」みたいな政策に金を注ぎ込むのはやめて欲しい。

性善説とソーシャルの壁

さて、このような出来事があった上で、先日興味深い話を聞いた。それは『ソーシャルの壁』とも呼べるようなあるある現象だ。

大体このような『社会的に良い』ということをやっている人たちは性善説で人間を考えているため、『漠然とした良い事』だと支援者はすぐに集まる。それは先日の意識高い系に関する記事にあったように、『成果を求めるのではなく、状態を求めているから』という人が多いからだろう。

岩瀬さんにインターンを申し込んで、名刺整理をやらされブチ切れた学生のメンタリティをみて、本当にさいきんよく観察される典型的な意識の高い(笑)学生そのものだと思いましたので、もう一度その特徴を書いておきます。

しかし、それは一定の規模まで行くと頭打ちになってしまうことがよくあるのだという。これが、『ソーシャルの壁』だ。

性善説の人々の中によくあるパターンとしては、『それが誰もが常識として知っている当然良いことだ』という認識が無意識にあるため、その思想に賛同しない人を『悪い人』として排他的になったり、無理やり思考を矯正しようとする傾向がたまに見られる。

……だが、おそらくそれが、進撃の巨人を阻む巨大なウォール・マリアであり、ATフィールドなのだ。この壁によって、やがて広がりは限界を迎える。

ソーシャルの壁はどこにでもある

最近分かってきたことだが、どうやら新旧に関わらず、カルチャーや文化というものはどうしてもそういう側面があるらしく、アーリーアダプターたちのうちの一部は、自分たちが作ってきた世界が居心地がいいために、それ以外の世界の人達との接触や交流を拒む傾向がある。

古い事例で言えば、各種の◯◯道だったり、音楽界だったり、職人的な世界だ。しかし、どうやらそれは新しいカルチャーに関しても言えるようで、マンガやコスプレ、ゲームやネットなども共通して「昔は良かった。今のは本当の◯◯じゃない」と言って内輪にまとまる傾向が分かってきたように思う。

【異才の思考】中村佑介「イラストレーターに才能はいらない」

多分ここがキャズムの存在している時空間であり、そこを乗り越えられることができれば、『ソーシャルの壁』を越えてマジョリティにまで拡散することができるのだろうなとなんとなく思っている。

ソーシャルの壁を越えた世界一高いコメ

というわけで冒頭に戻り、既に農作物には、それ自体としての価値は無くなってしまったというのが性善説でない世界に出た俺の実感である。おそらく今は『食べ物よりも、そこに付随する情報』の方が価値が高いのだろう。

多分、世界一高いコメだと思われる『ピクピクン先生のコメ』は30kgで88万円ということが正にそれを表している。そうか俺はマンガを描いていなかったからダメだったのだ……。

エロ漫画家ピクピクン先生が作ったお米「コシピクリ」 オークションで88万円で落札される

そして最近気になっている、最もいい例だろうなぁと思うのがこの方。

【川上量生】世の中を変えるためには、100の奇跡が必要だ

「全てをネタとして考えている」というのは、俺と全く同じだ(笑)。

というわけで、【とらのあな】と協力して萌え加工品を海外のヲタク向けに輸出したいという方がいたら、ぜひご連絡して頂ければ企画を持ち込んでみますよ。

 - その他色々, 予測, 物語社会学 , , ,