Project SOLA

誰も理解できない道を進め。未来が君を信じてくれる。

仕事とは何か? #projectsola

      2017/04/11

仕事とは一体何だろうか?

給料を貰うためのもの?

お金を稼ぐためのもの?

……色々な答えがあるだろう。

最近、そんなことについて考えていた。




農家は苦労している?

「苦労して頑張っている農家さんを応援したい」

という話をよく聞く。「いいものを作っている農家さんを応援したい」という話ならよく分かる。だが、そんじょそこらの苦労してるという農家と比べたら、俺の方だって全然負けてないんじゃないだろうか?……だって、自分の家も持ってたり、風呂だって自動で沸くんでしょ……?

それでも、俺は「こんなに手間隙かけて、苦労して◯◯栽培で環境に負荷をかけないでどうのこうの……」とか言って、大々的に苦労を売りにして商品やサービスを売ろうという気は無い。せめて控えめに知人の間に宣伝するぐらいだ。何故なら、まだ自分が納得するようなクオリティの物が作れていないから。……勉強熱心過ぎるのも考えもんだな……とか、最近思ったりもする。

そんな中、なんでこんなにみじめな思いをしてまで続けてるんだろうか……と思う時もあったりする。まあ、本人としては割と楽しんでる所もあるのだが、あくまで一般的に見たら、ほとんどの人が真似したいとは思わない生活のはずだ。しかし何故、俺はこうまでしてもこの仕事を続けるのだろうか?

仕事をする目的

おそらく、一部の農家たちのような苦労自慢の代わりに、俺がアピールしたいと思っているものは「夢と未来」なのだ。だから『こんな生活をしていても、それはとても楽しいよ』という発信ならいくらだってする。……要するに、ネタという奴かな。

おめでたい話かもしれないが、俺はこの世から少しでも悲しいことが無くなればいいと思っている。そして、楽しいことを増やしたい。その方法を実践することが、俺にとっての仕事なのだ。

なので、悪者を作らない社会が来て欲しいと願っている。だから悪いのは科学物質じゃなくて、本人の代謝不足と栄養摂取過剰とストレスが体調不良の原因なのだと話したいし、腸内細菌環境を気をつければいいんだよと知らせたいし、何より自分の捉え方次第で幸福は手に入れられるんだと伝えたい。この、現在の状態のフローによって幸不幸の認識が変わることを、『量子力学的幸福論』と名付けたのだが、これはまた別の機会に語ろう。

仕事は趣味の延長上だという人もいるだろう。……昔、とある社長に「こいつは仕事してるんじゃなくて遊んでるんだよ」と言われた俺にも、その気持ちはよく分かる。でも、趣味にしてはちょっと最近の生活はしんど過ぎる気もする。なぜこんな想いをしてまで俺はやめないのか?……俺にとっての仕事とは一体何なんだろうか……?

仕事そのものの目的

発展途上の段階においては、生きるための作業を減らしていくために働くことが文明の発展となる。そう考えると、「仕事を作ること」自体が仕事になってはいけないのである。人類は、働く苦労を減らすために働いてきたのだから。

NPO関係の活動に興味がなくなったのは、そういう部分からでもある。……結局は、貧困とは経済的な部分が問題であり、解決するには経済を回さなければならない。そして先ほども書いた通り、幸福論は精神的な部分が問題なだけだと気付いたからだ。少なくともこれは、自分自身が実践しているので説得力はあるだろう。

「仕事とは一体何か?」……そんなようなことを考える日々だったのだが、最近一つその答えが出た。

それは、仕事とは自分の存在意義なのだ、ということ。

おそらく最近の若者たちは、無意識的にこの感覚が理解できているのだろう。だから、ただの作業のような仕事はしたくないのだ。そして、自分の存在を実感できるようなことを仕事にしたいと思っているのだろう。

最後に

そういうわけで、多分俺は、給料を貰うためとか生活のためだとか、好きなことを仕事にしたいから……といったことが目的ではないため、こんな暮らしでも続けられるのだろう。だからきっと、今の活動を終える時は自分が死ぬ時であり、それまでの間、できるだけ自分の存在意義と生を実感したいから、その目標は可能な限り遠くに置いているんだと思う。

周囲の人々を見ていても、ただの作業を行うという時代はもう終わる。

そしてこれからは、そんな未来を実現するための仕事を行っていきたいと思う。

 - その他色々 ,