Project SOLA

誰も理解できない道を進め。未来が君を信じてくれる。

『企業国家』が生まれてくる

      2017/04/10

バンコクの古本屋で売っていた、深夜特急を少しだけ読みながら帰ってきた。



深夜特急

正に今回の旅は、この深夜特急のようなイメージで望んでいたことが分かったわけだが、著者の沢木耕太郎が対談で語っていた通り、「26歳という年齢でこの旅に出たのが良かった」というのに同感だった。

俺は元々日本が好きで、日本から出るつもりもなく、日本で一生を過ごそうと思っていたにも関わらず、今回このような流れになったのが不思議な因果だよなぁ……とか思っていたのだが、これが20代前半とかの社会を経験する前で無くて良かったと思う。

というのも、おそらく社会に出てその光と闇を知る前の俺だったら、あの東南アジアの沸き立つような熱狂的な空気に飲まれてしまい、そこから大きく人生を変えてしまっただろうから、だ。

だが、寂しくももう既に30を越えてしまった今となっては、そこで見た全てを現実(リアル)として受け止められるだけの経験をしてしまった後だ。
なのでこれまでと同じように、日常の地続きとしての冷静な視点で世界を見ることができるのだった……。

おかげで世界をフラットに見た時に生まれた、ある考えがまとまってきたのである。



世界をつなげる存在

物理的インフラと、ITによる情報インフラが整った世界では、全てが繋がってしまう……と前に書いた。
国家というものを一つの事業体として見た時、その国民が社員であり、顧客として存在することになる。
だが一方で、国境を越えたグローバル企業というものが生まれてくると、企業が『国家を越えた存在』として展開する可能性も出てくる。

「世界を変えるのは、政治家じゃなくて経済でしょ」

という起業志望の若者たちの言う通り、もはや世界経済は国家を越えた枠組みとして存在するようになってきている。
もしかしたら、『国家』とは既に古い時代の価値観になってきてしまったのかもしれないのだ……。
こうした国家を越えた企業が生まれてくると、どうなるか。

それは……会社が『企業国家』として存在するようになるのではないか?ということである。

つまり、企業自身が国家の役割を代わりに担うようになってくるのではないだろうか?
例えば、TOYOTAが教育や介護業も行うようになり、その社員に対して全ての福利厚生を担うというような……。

このように全世界を対象とした企業においては、国境など何の意味もない。
……生態系と同じように、経済も国境を越えるのである。

経済が行き届いた世界においては、次第にその価値は均一化していく。
そしてその中においては、様々な格差が無くなっていくのである。

 - 予測, 物語社会学 , , , , ,